男性

打ち合わせが大切な葬儀の決め方|故人をしっかりと見送る為に

喪主と日取りを決める

数珠

日取りを決める

横浜で肉親や身内の人が亡くなったら、横浜の菩提寺と葬儀社へ連絡します。葬儀社が到着したら急いで決めなければならないことなど細かい打ち合わせ行います。通夜・葬儀の日時は、遠方の遺族・親類の到着時刻、会場となる横浜の菩提寺の本堂や公民館などの空き具合、火葬する斎場の予約状況などで決まってきます。その外、友引に葬式をすると親しい人を引き寄せるとして友引の日を避けるケースが多いようですが、もともと友引や大安、先勝などと呼ばれているものは六曜という中国の古い占いの用語です。友引も昔は共引と書かれていたとのことで、仏教とは直接関係はありません。浄土真宗では「日日是好日也」という見地から人の死は何ら特別なことではないということで、友引の日でも通夜・葬儀を行っています。

喪主を決める

喪主は通夜・葬儀の主催者であり、故人に代わって弔問を受ける最も重要な役柄です。故人に一番近い関係にあり、その責任を果たせる年齢や地位にいる人を選ぶべきです。法律で決められているわけではありませんが、一般的に横浜では妻が亡くなった場合は夫が喪主になりますが、夫が亡くなった場合は妻または子供が喪主になります。子供がなくなった場合は両親のどちらかがなります。基本的に故人に一番血縁が近い人がなりますが、高齢者や幼児などは葬儀主催の責任を全うできないため避けるべきでしょう。子供が喪主になる場合は高校生以上が1つの目安になっています。また、故人の遺言によっては血縁者ではない故人の友人や知人が指名されてもかまいません。

香典

一切を取り仕切る

葬式の時に利用される葬儀社では、準備から進行までをすべて任せることが出来ます。四條畷にある葬儀社は、行なう場所によっても探し方が違ってきますが、依頼する際には、通夜・葬儀の日程や場所、予算など様々な点をきちんと話し合っておくようにしましょう。また、費用を明確にさせるためにも、見積もりをしてもらうとよいです。

祭壇

葬式で欠かせない

葬儀の参列では、数珠が必要不可欠となります。プラスチック製のものであれば、お手頃な千円前後で購入することができますが、高級品だと数万円するものもあるのです。そんな中でも、八尾市では四千円以下のものを利用する人がほとんどです。しかし、それぞれの宗派によって違ってくるため、購入する際には、気をつけましょう。

花と線香

最高の最期を

大阪市東成区でお葬式を開く場合、葬儀の規模や形式などに合わせた葬儀社を選ぶ必要があります。最近では、希望に合う葬儀社を紹介してくれる会社もありますので、こうしたものを利用することでご遺族の方の負担が軽くなる場合もあります。